FC2ブログ

第19期自治政策特別講座報告Ⅰ

昨日、神奈川県民ホールで開催された第19期自治政策特別講座「予算議会に備える」に全国から参加した100名の自治体議員と共に参加しました。
初日は第1講座は明治大学教授 牛山久仁彦氏による「自治体の長期ビジョン策定と議会の役割-総合的な計画審議のあり方」と題し講演がありました。主な内容としては2000年4月に施行された地方分権一括法と自治体が策定する総合計画、実施計画の関係が解説され、計画策定の住民参加と議会議論のあり方について示唆がありました。
折しも、苫小牧市は平成30年以降のまちづくり長期計画である第5次総合計画策定に向けて着手されるタイミングとなっており、この講義で学んだことを議会議論に活かせるのはないかと思っています。
IMG_0217.jpg

第2講座は淑徳大学教授 鏡諭氏による「改正された介護保険制度-予算審議の焦点は」と題した講演でした。2000年4月から開始された介護保険制度は、3年ごとにむ策定される介護保険計画も現在は第6期計画(2015年~17年)の取り組み中であり、第7期計画の策定に向けたタイミングとなっていてます。この間の国の制度改正の推移と背景、新計画策定にあたっての保険料と利用料の負担増と給付費減に向けての自治体の対応のあるべき姿などが語られました。
国の長期債務が1,000兆円。団塊の世代が介護サービスの利用者として突入していく中にあって、国が示している給付減と負担増に対応していかなければならない自治体の悩ましい現況と役割についての示唆がありました。
IMG_0219.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ