FC2ブログ

テレビの証人喚問

昨日、定例会の資料整理をしながら衆参両院の予算化委員会で行われた森友学園 籠池氏の証人喚問をテレビで見ていました。各党の質問者がどの様な角度で真実に迫るのか、籠池氏から新たな証言が出るのかという観点で注目をしていました。
この質疑で、関係省庁に提出した建設費の見積額が大きく違っていたことを追及された際に「刑事訴追の恐れがあるから」という理由で証言を拒否していましたが、これって虚偽記載をさせて補助金をだまし取ったと認めていることと同じではないかと思ったのは私だけでしょうか? 余り拘るところではないのかも知れませんが腑に落ちません。
全てを見ていたわけではありませんが、テレビに映る籠池証人の態度は何とも落ち着いて堂々としていたような印象を受け、いくつもの修羅場を潜ってきたのだろうなぁ…と勝手に感じていました。
以前の証人喚問で、証人が手が震えてしまって宣誓書にサインが出来ないという場面が映りだされいたのを思い出し、私が籠池氏の立場ならどうだったろうと思いながら見ていました。多分、重圧に押し潰されそうになって前者の様になっているのではないかと思います。
「事実は小説より奇なり」とも言っていましたが、真実は未だ明らかにならず当分はこのニュースが続きそうです。

夜は町内会の各員会が開催され新年度の総会に向けた打ち合わせが行われました。この中で、町内会連合会の研修会が開催され、先の議会で議論になった会館の建て替え補助金の見直しや個人情報の取り扱いの強化についても報告されました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ