FC2ブログ

予算委員会 教育費

昨日のトップバッターとして教育費の質問をしました。

スクールソーシャルワーカー(SSW)事業について
(質問)
①来年度新規事業として取り組むSSW活用事業で、どの様な人を何人の登用し、何処の中学校に配置するのか。
②本事業は平成7年から実施しているスクールカウンセラーとの業務が重なる部分があると考えるが、業務の住み分けはどの様に考えているのか。
③SSWに対して適切な指導援助できるスーパーバイザーが必要不可欠と思うがどうか。
④事業は2ヵ年の事業と聞いているが、この間の成果とノウハウを蓄積し、本市の将来に役立てるべく仕組みづくりが必要と考えるがどうか。
(答弁)
①文科省の補助事業に申請中であり、その結果が出るのが3月下旬になっている。従って現時点ではそれらについて示すことは難しい。
②スクールカウンセラーは生徒児童の心理的支援。SSWは学校・関係機関・家庭との連携、調整によって不登校、いじめ、暴力行為、児童虐待を解決する。
③教育と福祉分野の経験のある人を市教委に配置する。
④単年度ごとに成果と課題をまとめ、支援体制を構築する中で成果を蓄積していく。

子どもSOSの家事業について
(質問)
①本事業の取組みについてどの様な事業評価をしているのか。
②苫小牧未来計画に21年までの目標としてステッカー貼付件数を4,000件としているが、この取組状況について。
③校区連ごとに纏められているはずのステッカー貼付状況が把握されていない。市が主導して状況把握すべきである。
(答弁)
①児童の駆け込みの事案もあるが、児童生徒を狙った犯罪の抑止力になっているものと考えている。
②目標数を上回る5,600件になっている。来年度からは新築の確認申請時に建て主に貼付の協力を求め拡大していきたい。
③14校区連中3校区連が貼付状況を把握できずマップ作成に至っていない。連携して状況把握していきたい。

学校給食について
(質問)
①全道の27市町村が、食材の高騰と国産品活用で給食費の値上げを予定しているが、当市の状況は。
②第1給食センターの移転新築計画に伴い、運営方式が未だ決まっていないが、何時の時点で結論を出すのか。
③昨年の審議会では調理部門は直営との答申が出されたが、この答申に食肉偽装事件が大きな影響を与えたのではないかと思うが市の認識は。再度検討しなおしてもらう必要があると思うがいかがか。
(答弁)
①献立の工夫、食材の購入費の削減、給食費の収納率アップでやり繰りをして料金を据え置きたい。
②平成20年度中に結論を出したい。
③食肉偽装事件が審議会の答申に大きな影響があったと思う。市は民間の効率性を認めており、来年度の審議会の中でも話し合いを進めていきたい。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ