FC2ブログ

介護保険制度

昨日、お休みをいただき母のいる日高町の社会福祉施設に行ってまいりました。
先般、「お母さんの介護度がアップしたので今後のことについて家族と協議したい」という担当のケアマネージャーさんから連絡があり行ってまいりました。
施設に行くと、ケアマネの他に診療所の看護師さん、ショートステイの介護師さん、ヘルパーさんなどが待っていただいており、現在の詳しい状況をお聞かせいただき今後の介護方針や緊急時の対応などについて話し合いました。
特に休日夜間に急病になった場合、地元のお医者さんが不在で富良野や帯広に救急搬送されるケースもあり、その場合の対応についても考えておかなければならないということでした。苫小牧では考えられない深刻な僻地の医療環境を改めて知りました。
我が家では、他にも妻の両親がショートスティやデイサービスに通わせていただいていおり、3人も介護保険のお世話になっています。この介護保険制度がなかったら多分、今の安定的な家庭生活は送れてはおらず、本当に有難い制度だと感謝しています。
一方、介護保険料の値上げや介護料金の自己負担増、介護報酬の見直し、介護現場の人材不足などが顕在化しており、今後の制度維持が厳しい状況となっています。
団塊の世代が介護世代に突入するにあたって、制度を守るための健康寿命の延伸が焦眉のテーマになっています。

日高町に向かう途中、対向車線のダンプからの飛び石があり、フロントガラスにピンポン玉くらいのヒビが入ってしまいました。ディーラーに問い合わせすると修復不可能で、ガラスの入れ替えをすると10万少々かかるという話でした。トホホ…
気を付けていても避けられないことなので、車載カメラも検討しなければならないのかなぁと思っています。
IMG_0294.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ