FC2ブログ

ITセミナー

昨日、地元でIT事業を展開している㈱ I・TECさんが主催する「メディア連携における観光活性化、インバウンド対策、海外へのPR手法」と題したセミナーに参加してまいりました。
プログラムが4部構成となっていて、第1部は紙のパンフレットを電子化して配布できる情報スタンド「PONTANA」という多言語にも対応した製品の提案、第2部は旭川市で既に導入されている「バスキタ」という路線バスの位置情報を活用したサービス、第3部は既に商品についているバーコードを活用したインバウンド向けの多言語商品情報アプリ、第4部はHBC(北海道放送)が開発しているVR(バーチャルリアリティー)という360度動画サービスアプリの紹介がありました。
私にとっては、聞きなれない専門用語が出てきて頭の中に「?」マークが飛び交いましたが、それぞれに行政でも活用できそうな先端技術だと感じました。
特に今年度予算付けをしている苫小牧のPR動画の作成に樽前山頂上からの風景動画にVRを活用する。また、バス利用者の立場から「バスキタ」のようなシステムが導入されれば、もっと公共交通が使いやすくなると感じました。更に情報スタンドは、パンフレット等の紙媒体のものをデジタル化することによって、自分のスマホやIパットにに自分の必要な情報を入れ込むというもので、しかも多言語化できるということで様々な活用法が考えられるのではないかと思いました。
この度のセミナーを通じて、費用対効果を前提に住民サービスの向上にITの活用が広がっていくものと感じました。
IMG_0415.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ