FC2ブログ

介護保険制度

昨日、母親がお世話になっている高齢者施設と診療所への月一回の診察の付き添いの為に日高町に行ってきました。
今年88歳になる母で、これまで長年住み慣れた日高町での暮らしに拘っていたのですが、そうも言っておられない状況になってきており、今年の秋に苫小牧に連れてくる話なども併せて進めてきました。
我が家には要介護2の日高町の母の他に、同居としている義母が同じく要介護2、義父が要支援2の3人共に介護保険制度のお世話になっています。
介護保険制度は平成12年(2000年)4月に施行され、3年に1回介護保険料やサービスのなどの見直しが図られており、現在6期計画(平成27年~29年)が進められています。
この間、保険料の当初は月額 3,117円だったものが、現在は 5,367円まで跳ね上がっています。更に所得が現役並みの高齢者の利用料の自己負担が今年の8月から2割から3割負担になったり、40~60歳が支払う介護保険料についても、給与の高い大企業社員の負担が増える「総報酬割」の導入も予定されています。
現在の制度設計のままで、この先も進むとなると青天井で保険料や利用の自己負担が増えていくことが予想されます。
我が家に振り返ってみとる3人もの家族が介護保険制度のお世話になっており、この制度が無かったらと思うと背中に寒いものさえ感じます。
一方、介護保険の事業者にとっては人手不足や、めまぐるしく変わる介護報酬の見直しに苦しんでいるというお話をお聞きします。大切な社会保障の資源をどう守っていくのか、、、利用と負担についてもっと真剣に考えていかなくてはなりませんが、先ずは自身がアンチエイジングに取り組んで、なるべく介護保険のお世話にならないことを目標にしたいと思います。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ