FC2ブログ

横浜市より

今朝は、横浜市駅近のホテルからの書き込みです。
昨日は文教経済常任委員会(宇多春美委員長)の行政視察調査の2日目で横浜市の商業振興策と六角商店街の取り組みについて学ばせていただきました。
横浜市市役所で行われた座学では、市民経済労働部商業経済振興課の皆さまから、市内の中心商店街の現況、空き店舗対策などについてお聞かせいただきました、
横浜市には、約300もの商店街があり市商連に加盟しているのは267の商店街で11,000店舗こ上るのだそうです。集客力アップを目指す商業振興策として平成29年度・30年度の2カ年にわたり商店街空き店舗コンサルティング事業で商店街のマーケットリサーチ、店舗誘致コンセプトの策定、空き店舗へのテナント誘致に事業者に委託し取り組んでおられるということでした。
特に空き店舗対策は、単に補助金制度をつくるのみではなく、地元商店街と職種などを調整しながら出店希望者を掘り出しマッチチングさせるという先進的な取り組みがむ行われています。
他にもインバウンド(外国人旅行者)に向けた市内商店街プロモーション事業として、ブロガー等を対象とした商店街ツアーが実施されていました。
IMG_1024.jpg

この座学の後に市役所から車で30分ほど移動し六角商店街に伺い理事長さんから直接説明を受けました。昭和24年に設立された市内でも歴史ある商店街ですが、昭和レトロを醸し出すことをコンセプトにして、売り出し等の販売促進や数々のイベントを企画・運営しているそうです。
現在は商店街の大通りと仲見世のの2つの通りに約170店舗が張り付いておりほぼ店舗はすべて埋まっている状況ですが、20年ほど前には全体の25%が空き店舗となっていたり、4度にわたる火災により衰退の一途を辿っていました。しかし、古い商店街としてテレビや映画のロケに使われたことを契機に人が集まるようになり、行政のサポートを受けて全国からも注目される現在のにぎわいづくりに成功したのだそうです。
行政規模も周辺人口も地方都市とは比べものにはなりませんが、苫小牧の中心市街地活性化に向けたヒントも幾つかありましたので、一般質問や常任委員会での議論でも活かしていけるのではないかと思っています。
IMG_1028.jpg
IMG_1030.jpg

今日は、文教委員会のメンバーと別れて全国民間空港所在都市市議会協議会臨時総会に出席するために大阪に向かいます。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ