FC2ブログ

共同墓内覧会

昨日、高丘第二霊園に完成した苫小牧市共同墓の内覧会に出席しました。
時代の流れと共にお墓に対するニーズが変わりつつあり、共同墓の必要性については議会でも10数年にわたり議論されてきておりました。
私も以前からこの共同供養塔の必要性を感じ、ある市民の方からご意見をいただきこのブログで初めて触れたのは平成21年3月28日のことてでした。
その後に策定されたまちづくの総合計画に検討が盛り込まれ、平成27年度末に3,000体の遺骨を納める供養塔の概要が示されましたが、この規模では不十分だという前述の市民からのご意見をいただき、この3,000体とした根拠を担当課にお聞きすると、毎年50体ほどの納骨を想定して50年間のは受け入れ可能という説明でありました。そこで、平成24年に同じく3,000体納骨可能な共同供養塔を設置した小樽市に問い合わせし、5年も経たずに次の建設計画を検討することになったという状況を伝え、ニーズが市の想定している以上にあると思われることから規模の見直しを求めましたが、地域性の違いがあることや想定を上回った場合は増設するとの返答でしたが、それ以降に開催した市民説明会での同様の多くの意見を受けて5,000体規模に設計変更したという経緯があります。
この事は、1度決めたらよっぽどのことが無い限り、変更されないという行政の意思決定の仕組みがある中で、個人的には担当部の勇気ある変更だったと評価しています。
墓石は石材組合さんからご提供いたただき、樽前山をデザインした墓石となっています。また、「苫小牧市共同墓」の揮毫は地元書家の河原啓雲先生によるもので、素晴らしい共同墓が完成しました。
来年の2月5日に受付開始、4月9日納骨開始予定となっています。
早速、2年前からお母さんのお骨を納めるために、共同墓の完成を待ち望んでいた知人にもお伝えしたいと思います。
IMG_1145.jpg
IMG_1146.jpg
IMG_1149.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ