FC2ブログ

文教経済委員会

昨日は、4つの常任委員が開催されました。
私が所属する文教経済委員会には所管事項として
1.苫小牧中小企業振興計画(案)
2.ウトナイ交流センター展望施設整備事業の概要
3.全国学力・学習状況調査経年分析による概要
4.特別支援学級の通学区域の変更
以上、4項目について資料が提出され質疑が交わされました。

苫小牧中小企業振興計画(案)については、平成25年に中小企業振興条例が制定された直後から、その必要性について求め続けてきた経緯があり、これまでの市の取り組みを評価した上で、市の発注工事における下請けを含めた地元発注率の把握と目標数値の設定、小規模事業者に特化した小規模修繕工事契約希望者登録制度などの振興事業の必要性、平成2年に施行されている技能士活用制度を振興事業に加えるべき、中小企業に対するエキスパートバンクの創設を視野に入れたICT化支援事業の必要性を質疑いたしました。
地元発注率と小規模修繕登録制度については財政部と協議をする、技能士活用については振興事業一覧に組み入れる、ICT化支援については商工会議所、中小企業同友会などの関係機関と協議していくとの答弁をいただきました。

また、特別支援学級の通学区域の変更は、現在市内に唯一の西小学校の肢体不自由の特別支援学級に9名の児童が通学をしていますが、新年度から希望をすればそれぞれの校区に通えるという各校方式に変更されることになります。
一方では、現在の拠点校である西小学校と同様の専門教員の配置やエレベーターや障がい者対応のトイレなどの環境整備ができるわけではなく、保護者としても悩ましい選択が迫られることになります。
そこで、未就学児童の保護者を含めた丁寧な説明の必要性、送迎用の福祉車両の整備、教員の専門性を高めるための研修体制の充実について質疑を交わしました。
既に西小学校の保護者には前日に説明会を開催しており、未就学児童の保護者についても問い合わせについては丁寧に対応していく。福祉車両の導入については必要に応じて検討していく。今後の各校方式の動向を見定めて研修体制をつくっていく。との答弁をいただきました。

過去10年間の学力調査結果の推移について着実な成果が出ているとの報告もあり、質疑は交わしませんでしたが市教委の取り組みを評価させていただきました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ