FC2ブログ

予算審査特別委員会その1

昨日、一般会計と企業会計の予算審査特別委員会がスタートしました。
予算委員会は全議員が二手に分かれて、新年度予算についての審議を6日間にわたり行われます。同時開催のために議長は一般会計に副議長は企業会計に入り、理事者側に着席し質疑を見守ることが苫小牧市議会の慣例となっています。
 昨日の企業会計では国民健康保険会計で板谷良久議員、藤田広美議員、冨岡隆議員、岩田薫議員、越川慶一議員、宇多春美議員、大西厚子議員、池田謙次議員、谷川芳一議員の9名。
霊園事業会では大西厚子議員、工藤良一議員、竹田秀泰議員の3名が質問に立ちました。
 国保はこれまで市町村が主体となっていたものを、新年度から都道府県単位化にして効率化、標準化、広域化を推進するという大転換が行われます。この事による市民への影響や市役所の業務の影響、今後の保険料改定などに向けた考え方が質されました。また、新年度を初年度とする第2期データヘルス計画についても数名の委員会が取り上げ、市民の健康寿命を延ばすための方策や重症化予防などの取り組みについて議論が深められていました。
 霊園事業は、既に受け付けが開始され、新年度から供用が開始される市民待望の「共同墓」の運用に関する件やお墓に対する考え方やニーズの変化を踏まえて会計閉鎖に向けた検討を進め30年度内に結論を出す旨の答弁がされました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ