FC2ブログ

常任委員会

昨日、総務、建設、厚生、文教経済委員会の4つの常任委員会が開催され、それぞれの所管事項を審査しました。
私の所属する文教経済委員会(宇多春美委員長)では、(1)苫小牧市科学センターのあり方について (2)公益財団法人道央産業振興財団の事業について の2件が報告され質疑が交わされました。
 苫小牧市科学技術センターは昭和45年に設置された施設で老朽化による改修の方向性が打ち出されており、一昨年の市民や学校などの関係機関へのアンケート調査結果に基づき、市教委が今後の科学センターのあるべき姿をまとめた資料が提出されました。科学技術と関連する地元の「ものづくり産業」の位置づけやオンリーワンの「宇宙船ミール」の活用についても、苫小牧ならではの特殊性として取り上げられております。建替えについては、本「あり方」に基づき今後本格的な検討に入っていくことになります。
 公益財団法人道央産業振興財団(※)の事業については、国・道・関係自治体・民間の出捐金(しゅつえんきん)により基金造成し、その運用益をもって、道央地域の高度技術による産業開発を促進することを目的とし様々な事業に取り組んでいます。苫小牧市からは出捐金の他に毎年約1,300万円の補助金を拠出し、財団の支援に関する協議の場である「道央地域新事業活動推進協議会」にも参加しています。
私からは、一昨年に国への約5億円の償還金が生じたことによる基金と事業への影響をお尋ねいたしましたが、影響を最小限にとどめる為に国の支援制度などへのマッチングに力点をおきカバーしている旨の答弁がありました。他にも財団運営の肝とも言える地元企業の技術者OBに担っていただいている技術コーディネーターとエリアマネージャーの継続性と確保についてと経産省のものづくり補助金への対応について取り上げさせていただきました。
 また、その他の所管事項で今年度策定した中小企業振興計画に関連し、経済産業省の認定を受けた市内のIT導入支援業者との連携のもと、地元の中小企業・小規模事業者を対象とした「IT導入補助金」の活用支援の取り組みを求め、協議を進めるとの答弁がありました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ