FC2ブログ

十勝バスの軌跡

 昨日、苫小牧駒澤大学の講堂で開催された「地域連携・キャリア講演会」に参加させていただきました。
第2回目の開催となる今回は、帯広市の十勝バス 社長の野村文吾氏による「お客様密着!で、地域に貢献する十勝バスの経営」と題した講演が行われ学生さんと共に多くの市民が参加しました。
十勝バスは、減少し続ける利用者の減少を40年ぶりに増加に転じさせたことがテレビ番組の特番やマスコミなどに取り上げれたり、この軌跡がミュージカルになるなど、全国的に注目されている事例として私もいつかお話を聞いてみたいと思っていました。
存続の危機にあった十勝バスの経営を父親から承継し、暗中模索の中を社員との信頼関係を築き、1つのバス停からお客様目線と立場からの営業を展開し、利用者を増やしていったという話をお聞きしました。
講演終了後に野村社長とお話させていただく機会があり、「これからの若者は車を持たなくなる傾向が強くなること、そして苫小牧も観光に力を入れてきていると聞いているので、インバウンドを含む観光客も乗ってもらえるタクシーも含む路線バスを考えたらどうか?」というお話をいただきました。名刺交換の行列の中、わずか2分程度のやり取りでしたが、強く印象に残った次第です。
IMG_1795.jpg

 夜は中小企業家同友会苫小牧支部 共育・共同求人委員会担当の7月例会に参加しました。今回の例会は、苫小牧市の離職防止等処遇改善事業からキャリアフォローアカデミー㈱ 代表取締役 藤塚優子氏を派遣していただき「人財の定着と育成」について講演をいただきました。求職者の目線や立場に立った求人の出し方やコツ。若手社員の視点や立場に立った定着・育成の取り組みについてのご示唆をいただきました。
 昼間の十勝バスの社長さんのお話とも共通すると感じたのは、課題解決に向けては、まずは経営者が"自分原因論"に立ち、お客様や社員・従業員の視点や立場からでないと課題の本質は見えない…といったところではないかと思います、、、、担当の副支部長がお休みでしたので、代わって私がこの様な内容で謝辞を述べさせていただきました。私がこう言っても、何とも軽くてチンプなものになってしまうのですが
IMG_1800.jpg

25日から30日の間にアイビープラザで色紙を中心とした「書道啓心社展」が開催されており、会場の様子を見てきました。恥ずかしながら私の駄作もありますので、お近くにおいでの節には是非お立ち寄りください。
IMG_1797.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ