FC2ブログ

「全国若手市議会議員の会OB会」研修会

今朝は、網走市内のホテルからの書き込みです。
昨日から「全国若手市議会議員の会OB会」の研修会が、網走市で開催され参加しています。
「全国若手市議会OB会」とは、45才までの全国の市議会議員で構成している全国若手市議会議員会を卒業したOB会で、会員数は約150名、総会と年2回の研修会を全国各地で開催されています。これまで、案内をいただきながら中々参加することができず幽霊会員となっていましたが、北海道で開催されることから初めて参加させていただまた。
研修の1コマ目は、茨城県行方(なめがた)市の鈴木周也市長(東京農大非常勤講師・全国若手市議会議員OB会員)による「6次産業化による地方創生」と題した特別講演を東京農大オホーツクキャンパスの大学生と共受講させていただきました。鈴木市長は、30年前に開学した東京農大オホーツクキャンパスの2期生として卒業され、行方市議会議員を経て現在市長の2期目を務められています。
行方市の基幹産業である農業の地域資源を活かしたまちづくり、特に6次産業化に向けた行政の取り組みについて伺わせていただきました。
研修の2コマ目は、会場をオホーツク文化交流センターに移してLINE(株)公共政策室副室長の村井宗明氏(元衆議院議員)による「LINEを活用しての行政ICT化について」と題した講演が行われました。
国民の75%がLINEユーザーであり、特に国民のニーズがWEBからSNSへと移り変わっていることを踏まえた国の行政ICT化の事例やLINEサービスを活用した福岡市の「粗大ごみ受付」、会津若松市の「暮らしの疑問回答システム」、渋谷区や熊本県の「子育てAI」などの先進自治体の行政ICT化についてお聞かせいただきました。
行政手続きや相談窓口を役所に出向いたり、電話だけではなくLINEを活用することによって、時代の流れに合った若者の多様なニーズに応える行政サービスのあり方を学びました。一足飛びとはいかずともこ苫小牧市でも取り組める事例について更に勉強を進めてみたいと思っています。
本日午前も研修に参加して、夕方には帰苫する予定です。
IMG_2155.jpg
IMG_2156.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ