FC2ブログ

地域医療再生フォーラム

苫小牧にも初雪が降っており、とうとう来たか…という感じです。雪道には慣れていないこの時期、スリップ事故などには十分気を付けたいものです。

昨日、都内の全国都市会館で開催された自治体病院全国大会2018「地域医療再生フォーラム」に出席しました。来賓として、自治体病院議員連盟会長の細田博之代議士、総務省大臣官房審議官、厚生労働省医政局長のお三方からご挨拶の後に、講演Ⅰとして京都大学名誉教授 野本慎一氏による「100歳時代の医療・介護に備えてーICTと在宅医療・介護ー」の講演を拝聴しました。2050年には100歳以上人口が532,000人、90歳以上は約500万人、80歳以上は1,607万人(総人口の16%)になる推計を示し、治す医療から支える医療への転換の必要性の観点から現在、試験運用されている在宅医療・介護を支えるツールとしての「電子連絡ノート」についてご紹介いただきました。
講演Ⅱでは「青森県西北五保健医療圏 自治体病院機能再編について」と題し、つがる西北五広域連合病院事業管理者 高杉滝夫氏から、青森県北西部の5つの自治体病院の機能再編の実例をお聞かせいただきました。全国の自治体病院はその殆どが厳しい経営状況にありますが、特に人口減少と超高齢化の波が押し寄せている地方は、多額の負債を抱え自治体病院を維持することすら難しい状況となってきています。地域の医療を守る為に平成13年から平成26年まで取り組んできた中核病院とサテライト病院の機能分担を図った西北五地域の病院機能再編の取り組みについての実践について学ばせていただきました。
おとなりの白老町では、白老町立病院の委託化や無償化についてまちを二分する大きな議論が最近までありました。今回の講演を聞きながら、近い将来に東胆振地域における自治体病院連携の必要性について考える機会となりました。
IMG_2359.jpg
IMG_2358.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ