FC2ブログ

交通事故から子どもを守る

先日、滋賀県大津市で、散歩中だった保育園児らの列に車が突っ込み、園児2人が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。今回の事故は、乗用車を運転していた容疑者が右折しようとしたところ、対向車線を直進してきた軽乗用車と衝突。はずみで軽乗用車が園児らの列に突っ込んだという。その容疑者は「前をよく見ていなかった」と供述していると報じられています。
街を歩いていると誰もに起こりうる事故だともいえます。 交差点や交差点付近は、歩行者の死亡事故が多く発生する場所であり、場所柄でガードレールの敷設は無理にしてもポールが2~3本程度設置されていたら防げた無事故だったのかも知れないと感じています。

苫小牧では交通事故から子どもを守るという観点で、拓勇小、拓進小、ウトナイ小の3か所に区域(ゾーン)を定め、2016年から最高速度を30キロ規制にする「ゾーン30」という取り組みを進めており、市の担当課はこれを西側に順次拡大していくよう公安委員会に要請しています。
調べてみますと、この取り組みも平成18年に埼玉県川口市で、保育園児の列に乗用車が突っ込み、園児4人が死亡、17人が重軽傷を負うという事故がきっかけで、全国に広まった事故対策の一環でした。
今回の事故もしっかり原因究明と検証をし、交差点付近の安全対策に知恵を絞る必要があります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ