FC2ブログ

広島平和式典に思う

昨日の「原爆の日」。今年も広島の平和祈念式典にテレビを通じて参加しました。
広島の松井市長の平和宣言と安倍首相の式典での挨拶を聞きながら、核廃絶に対する被爆地の思いと政府のスタンスの違いに違和感を感じたのは私だけではないと思います。
特に松井市長の言葉には、政府に対する強い抗議のメッセージが込められていた様に感じました。
核廃絶を巡る世界情勢は、良くなるどころかどんどん悪い方向に進んでいると多くの国民が感じていると思います。
昨年、苫小牧市議会に市民団体から「核兵器禁止条約への署名・批准を求める請願書」が提出されました。この際に、会派内で勉強と議論を重ねた結果、「核廃絶に向けた現実的な路線を採るべき」という結論に至り、その時点では本請願に対して可とせず、市議会全体でも不採択にした経過があります。
これらのことを思い起こし、唯一の被爆国の国民として今後のあるべき姿を考えながら、平和式典を見させていただきました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ