FC2ブログ

地域公共交通網形成計画

昨日、2020年度内を目途とした「地域公共交通網形成計画」の策定に向け、バス会社・高校関係者・北海道運輸局職員・公募市民などで構成する市公共交通協議会の議論がスタートしたとの記事が苫小牧民報に掲載されています。
先の6月議会の一般質問で、この公共交通のあり方について取り上げさせていただき、過去最低を更新している路線バスの乗車数の歯止めをかけるために①市民チャレンジテーマとして「みんなでバスに乗ろうキャンペーン」の実施、②利用者の利便性を高めるための方策としてバスロケーションシステム、スマホアプリの導入、③減便に対応するための新たなデマンドバス・デマンドタクシーの可能性調査。また、長期的な視点に立った駅を中心に鉄南・鉄北・東・西と4分割とした④内回り外回りの循環バスの可能性調査に取り組むべきと求めさせていただき、いづれも今後策定する「公共交通網の形成計画」の中で検討する旨の答弁があったところです。
これらのことを含めて、高齢化と人口減少が加速度的に進む中で、中長期の視点で将来の市民の足をどうか確保していくのか、市公共交通協議会において、とても重要な議論が進められることになります。
これらの議論の推移を見守りながら、今後においても公共交通に関する議会議論を進めてまいりたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ