FC2ブログ

町内会連合会新年会

昨夜、令和2年 苫小牧市町内会連合会の新年交礼会がグランドホテルニュー王子で開催され豊川町内会の一員として出席ました。
交礼会には65町内会から343名が参加し、町内活動永年功績者として市長感謝、町連会長表彰の40年、30年、20年、10年表彰の各表彰授与が行われました。
私も家内と共に20年功績の表彰状を有難く頂戴しました。
少子高齢社会が進み、町内会活動の成り手不足や活動縮小などの課題が多く出てきております。実際に私たちの町内会でも、町内会公園リンクづくりが今年から断念、それに伴い冬まつりの規模縮小化や盆踊りの期間短縮などに取り組みながら町内会活動を維持しています。
一方では、災害対応や防犯活動などの安全で明るい地域を作っていくためには、町内会の果たす役割は益々重要になってきていると言われております。
時代の変化に合わせて、町内会活動をかたちを変えながらも維持、充実させていくことが求められる時代に入ってきています。
IMG_3626.jpg

昨年末に会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望に対する回答をいただきました。全33目の要望内容とそれに対する回答をシリーズで1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
13 市民サービス向上に資する先進技術の導入
今後の行政運営及び行政改革における新たな可能性として、AI、ICT、IoT、RPAなどの先進技術の活用が挙げられます。将来にわたり持続可能な行政運営を目指し、今後の行政費用を削減しながら市民サービスを向上させるための先進技術導入を求めます。

 【回答】(総務部行政監理室 担当)
 AIやICTなどを活用した業務自動化の技術は急速に発展しており、市民サービスの進化と行政事務の効率化、また、働き方改革の面からも注目すべき分野であると考えています。すでに他の自治体においては、その先進技術を行政運営の面で有効活用している事例も多く見受けられます。
スマート自治体の実現に向け、先行する自治体の情報を収集するとともに、それらの先進技術について本市の行政運営の面でどのように活用できるか、導入の可能性を積極的に検討してまいります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ