FC2ブログ

新春集いご案内

昨日、所有している樽前の太陽後発電(50KW)の点検を業者さんに依頼し立ち合いをしました。この発電所は運用して5年目を迎えますが、昨年の暮れと今年に入っての2回にわたり、5台あるパワーコンディショナーの2台にエラーが出るなど調子が悪い状態となっていました。
昨日の半日かけた点検で、一部の不具合が発見できましたので今日改めて工事をしてもらうことにしました。何とか、調子が戻ってくれればと思っています。
IMG_3637.jpg


恒例となっています市政報告を兼ねた後援会の「新春の集い」を下記のとおり開催する運びとなりました。ご参加いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。お待ちしております。
                     記
           日時 2月21日(金)18時30分より
           場所 グランドホテルニュー王子 2階若草の間
           会費 5,500円

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
17 自主防災組織の更なる充実
市内の各地域において設置されている苫小牧自主防災組織については、これまでも防災活動情報の共有化を含め、地域防災活動の充実を求めてきたところであります。自主防災組織率は平成30年度で世帯カバー率89%と地域防災力の高まりが感じられ、昨年の胆振東部地震を受けて自助・共助の重要性を改めて認識しました。
災害が頻発する中、気象が激しさを増し自主防災維織の更なる充実、避難行動要支援者の支援体制の一刻も早い構築が求められています。実態と照らし合わせた中で、地域・行政の役割分損の明確化及び具体的な支援体制の構築を求めます。

 【回答】(市民生活部危機管理室 担当)
市としましても昨年の北海道胆振東部地震の経験から自助、共助の重要性について改めて認識したことから、これまで実施してきた地域防災力向上のための出前講座や市民防災講座を引き続き行うとともに、自主防災組織との連携をさらに進めてまいります。また、避難行動要支援者支援制度につきましても、共助の重要性から引き続き町内会等との連携を推進してまいります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ