FC2ブログ

同友会新年交礼会

昨日から、市役所9階大会議室で開催されている「苫小牧市民防災講座」に参加しました。
昨年の秋の防災マスター講座に参加したことから今回の講座開催のご案内があり、2日間にわたり参加させていただく予定です。
初日は、講座1として北海道立総合研究機構による「北海道胆振東部地震から1年を過ぎて」と題して、道内で起きた過去の地震、東部地震の建物被害と対策、東部地震の際のデマ情報の3つのカテゴリーの講演でしてした。我が家の耐震についても見直さなければならないと感じました。
午後からの講座2は、室蘭気象台による「防災気象情報と樽前さん火山防災」と題し、近年の温暖化と気象災害、苫小牧の過去の気象被害と対策、ハザードマップ、そして樽前山の火山防災情報についてお聞かせいただきました。
市民防災講座は、本日も開催されます。
IMG_3654.jpg

夜は、中小企業家同友会苫小牧支部の「臨時総会」と「新年交礼会」が開催され司会進行を務めさせていただきました。臨時総会では、2020年度の役員を決定し、新支部長として高橋憲司さんを選出しました。私は引き続き副支部長を務めることになります。
新年交礼会は、市長、議長、商工会議所、観光協会、金融関係からの来賓をお迎えし、100名を超す会員企業と共に新年の飛躍を願いながら懇親を深めました。
お陰様で進行役も大きなミスなしに無事に務めさせていただきました。
交礼会の様子を写真に収めることを忘れておりましたので、友人のFBの写真を拝借いたします。
IMG_3656.jpg

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。
【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
22 家具転倒防止対策の推進
地震の備えとして家具などの固定は有効とされています。高齢化・核家族化が進む現在、一人暮らしの高齢者は増加傾向であり、要介護者・障がい者世帯では自身での作業が困難な場合があります。減災の観点から避難行動要支援者の家具等の転倒防止実施状況の確認を求めます。

 【回答】(市民生活部危機管理室、福祉部総合福祉課 担当)
家具転倒防止対策は、地震による人的被害を防止する上で大変有効なことから、防災ハンドブックに家具の配置や固定方法をイラスト付きで紹介し、防災出前講座などの機会を通じて、自らができる備えとして広く啓発に努めております。
また、一人暮らし高齢者などの生活実態につきましては、家具の転倒防止器具取付けに限らず、高齢者や要支援者、障がい者世帯などが、住み慣れた地域の中で安心して暮らすことができるよう、日常生活の困りごとや不安の解消、安否確認の必要性などを把握するため、住民同士が助け合い、支え合う地域福祉のネットワーク作りを、市と社会福祉協議会、関係団体が協働し進めてまいりたいと考えておりますので御理解願います。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ