FC2ブログ

会派政策・予算要望報告の最終回

昨日、20日に開会する定例会における代表質問の指名通告をしました。振り返りますと前期4年間は、議会3役を務めたり、その前は会派の代表という経験はなかったものですから、代表質問をさせていただくのは今回初めてとなります。
昨日から、質問項目の頭出し作業を開始しました。正式には、20日に行われる市長の市政方針を受けての代表質問となりますが、今からできる準備をしっかり進めてまいりたいと思っています。

道民の初めての新型コロナウィルス感染者が発生したと報じられています。発症前の渡航歴はなく、現在のところ感染ルートが不明であるということですので、私たちの身近にも新型ウィルスが迫ってきているようで心配が募ります。
苫小牧市においても感染患者発生が避けられないという前提の下で体制を整えていかねばなりません。

会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全36項目)の内容と市の回答を1項目づつ、1か月半にわたり報告させていただきましたが、本日が最終となりました。
お目通しいただきました皆さま有難うございました。この間の、私たちの要望内容や市の回答についてのご意見も賜れば幸甚です。感謝。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
36 苫小牧市科学・産業センターの設置
 苫小牧市科学センターは、今後のあり方についてまとめられたところでありますが、昭和45年に開設された科学センターの老朽化は著しく、早期建て替えを求めます。なお、その際には、現在の科学センター施設で学べる科学・航空・宇宙のみならず、「産業の街、苫小牧」として、産業に応用された科学技術を「見て・触れて・感じる」ことで、子どもから大人までが生涯にわたり楽しく学び、苫小牧でしか体験できない体験型施設として整備することを求めます。

 【回答】(教育部科学センター 担当)
平成29年度(2017年度)に取りまとめた「苫小牧市科学センターのあり方について」の中で、今後の科学センターの方向性として、老朽化した施設は改築を基本とし、「工業のまち、ものづくりのまちとしての特色を持つ施設」「子どもから大人まで生涯にわたり科学を学べる施設」「苫小牧らしい生涯学習環境の形成」など5項目に取りまとめております。
現在、このあり方に基づき、施設の形態や機能などについて検討しているところであり、御提案のありました本市の産業発展に応用された科学技術を、年代を問わず生涯にわたり楽しく学んでいただける手法についても、今後の検討課題の一つとして認識しているところであります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ