FC2ブログ

行政の想像力と対応力

昨日、文部科学省が小中校と特別支援学校の4月からの再開に向けた指針案をまとめ、今日にでも発表すると報じられています。
その内容は、新型コロナウィルスの集団感染を避けるために、教室の換気や近距離での会話時のマスクの着用、検温の徹底などの取り組みが列挙されているとのことです。

私のところに、長引く休校や外出自粛による子どもたちへのストレスなどの健康問題についてのご意見をお寄せいただきました。
昨日も教育委員会やスポーツ施設を担当する部署にこれらの声を届けていますが、解決の糸口が見いだせていません。
民間の発達支援・放課後デイサービス事業所では、通常であれば放課後のみの運営であったものが、休校中は朝から夕方までのまる1日の運営となっており、保護者の都合などで定員数もオーバーさせて対応せざるを得ない状況となっています。勿論、感染防止には最大限の配慮をしながらではありますが、十分なスペースとは言えない環境の中で、勉強ばかりさせているわけにもいかず、子どもたちは体を持て余しストレスを抱えてきているそうです。
一方の学校などに併設している児童クラブでは、空き教室や体育館などを使って遊ばせているところもあり、同様の対応が取れないかと市の障がい福祉課や市教委に求めたところ、学校の管理上や消毒などの問題があり難しいとのあっさりした回答。更に食らいつくと「(どうしてもというならば市教委は関与しないので)各学校に問い合わせしてください」との返答で、やるせない気持ちになってしまいました。
感染拡大を防ぐために、そして濃厚接触を避けるために学校を休校する一方で、放課後デイで濃厚接触せざるを得ない状況になっているにもかかわらず、この状況を黙認し何ら手を打とうとしない市教委と障がい福祉の担当課の姿勢には、非常に残念な気持ちを抱きました。
次にスポーツ施設を所管している担当課に相談したところ、十分ではないが、昨日から利用再開している緑が丘競技場の人工芝のサッカー場であれば、この時期の公園とは違い泥だらけにもならず、天気の良い日は子供たちの気分転換になるのではないかとの考えのもと、指定管理者と協議し利用できることにしたとの返答がありましたので、その旨を先方にお伝えさせていただきました。
出来ない理由ばかり考えるところと、少しでも何とかできないかと考えるのでは、大きな差があるものと私なりにも実感する1日でありました。
直に学校は春休みに入りますが、公共施設の利用制限が継続中はこういった状況が続くことになります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ