FC2ブログ

臨時会の招集

昨日、15日(金に)開催する臨時会の招集告示が行われ、議案配布と議会運営員会に代わる代表者会議が開催されました。
今回の臨時会に提出される議案は1件で、飲食店等支援給付金事業として9千8百万円の補正予算です。
その内容は、新型コロナウイルス感染症の影響により昨年12月と年明けの1月の2カ月間の売り上げいずれかが、前年同月比で30%以上売り上げ減になった飲食店に対して1店舗当たり10万円を支給するものです。
私たちの会派では、国の3次補正のコロナ対策交付金を織り込んだインパクトのある補正予算が組まれるものと思っていましたので少し拍子抜けした感は否めません。
早速、財政の担当部局から今回の補正予算に至った経過と今後の国の3次補正を踏まえた新型コロナの影響緩和の経済対策についての考え方などを会派でヒアリングを受けさせていただきました。
今回の補正予算の財源は、新年度への繰越金の一部を活用するものであって、新年の予算確保も考慮した中での事業選択であったこと。更には国の3次補正による財源確保が今の段階では不透明であり、今回の臨時会には間に合わすことができないなどの説明を受けました。
これらのことを踏まえ、臨時会で質疑が交わされるものと考えています。

以下は、令和3年度に向けた 会派 改革フォーラムの政策・予算要望に対する回答です。全32目の要望内容とそれに対する回答をシリーズで1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和3年度政策・予算要望と回答】
8 中心市街地に全天候型子どもの遊び場の設置
市内には子育て中の方々から多くの「声」がある全天候型の遊び場がなく、近隣自治体の大規模な施設を利用しているのが現状です。子育てしやすい環境づくりの整備や中心市街地の活性化に向け、子どもたちが天候に左右されることなく伸び伸びと遊
ぶことができる屋内施設を早期に設置することを求めます。

【回答】(健康こども部こども育成課、総合政策部まちづくり推進課 担当)
全国的に中心市街地の活性化と子育て環境の充実を目的に、親子が集える子どもの遊び場が相次いで開設されております。
本市においても、開設を望む声が子育て世代や市民団体からも要望が寄せられており、関心の高い取組であるものと認識しております。
この状況を踏まえ、施設の管理体制や運営状況等について検討しておりますが、施設整備のほか、維持管理にも相当の経費が必要となることから、単独施設として運営していくことは難しいものと考えております。
このため、中心市街地など立地場所にも考慮しながら、施設規模や機能、複合施設としての新規開設や、既存施設の改修時に機能及びスペースの確保などの条件を精査し、引き続き設置の可能性を探ってまいります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ