FC2ブログ

市民と議会の条例づくり交流会報告Ⅱ 

昨夜、出張から苫小牧に戻ってきました。暑さの中から開放されてホッとしたのと同時に、寒暖の差が激しくて体がビックリしたいるかも知れません。今朝も雨…ぱっとしない天気がつづき農作物の影響も気になるところです。
8月に入り、またも燃料を初めとする物価が値上がりをしています。新しい内閣が発足したようですので、何とか有効な手立てを早急に打って貰いたいものです。

以下、中断していたレポートの書き込みです。
「決算委員会と健全化法の関係について」
市政運営の根本である予算と決算に関する委員会は、議員が一般会計と企業会計のふた手に分かれて審査します。例年、予算は3月で決算は11月となっています。今年から決算委員会の議論を踏まえ、翌年の予算に繁栄させたいとの議会側の思惑から、一ヶ月前倒しして10月の初めに開催する運びとなっています。
審議日数は予算委員会が7日間、決算委員会は2日間。この開催日数だけを捕らえると予算の方が議員の感心事であって、決算はあまり重要視されてこなかった側面があるのではないかと感じています。
これからは、決算委員を改革して充実させなければならないという、自治体の取組みが広がっている背景には、19年度決算から導入される『財政健全化法』の影響があります。この法律の大きな特徴は、健全化判断比率という4つの指標(実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率)に公営企業の資金不足比率を加え5つのセンサーによって、第2の夕張を出さないというものです。
この主な目的は以下の5点と言われています。
①5つのセンサーによって病巣を早期に発見
②イエローカードで財政の早期健全化を促す(レッドカードは破綻)
③将来負担比率で潜在的なリスクもカウントする
④公営企業ごとの経営健全化
⑤監査委員と議会の責任強化でチェック体制を強化
⑥インターネットで「健全化カード」を公表
今後の決算委員会では5年後、10年後の財政計画や見通しをにらんだ議論が必要になってくるものと思われます。
この9月には当市においても「平成19年度健全化判断比率の状況」を公表し、それぞれの指標が判明するものと思います。市民の皆さまも是非ご注目いただきたいと存じます。


コメントの投稿


非公開コメント

コメント

おかだみちお, 08/02, 2008 - 09:59 | 編集

国民健康保険について

場違いかもしれませんが、国民健康保険の老齢者優遇策についてお聞きしたいと思いますので、よろしくお願いします。
75歳以上の後期高齢者が国民健康保険制度から分離されて色んな問題提起が起きていますが、それはそれとして、従来70歳から特例として認められていた医療費自己負担が1割から2割に上がることについては余り議論の対象になっていないように思われます。
すでに激変緩和措置として来年3月末まで1割負担を継続するようになっていると聞いておりますが、該当者からは強い不満の声が聞かされます。
これは従来から各自治体の裁量で70歳を越える高齢者への支援策として採ってきた措置だと思いますが、苫小牧市としては今後も70-75歳未達の高齢者に対する優遇策をとる考えはないのでしょうか。谷間にいて負担増に喘ぐ老齢者に対する暖かい措置を要望したいと思います。

松井雅宏, 08/05, 2008 - 08:40 | 編集

70-74医療費負担

おかだ様
いつも有難うございます。
ご指摘の通り、20年4月以降の医療制度改正により70-74才までの医療負担が、1割から2割りに引上げられることになっておりましたが、後期高齢者医療制度への国民の大きな批判に伴い1年間凍結され、更にもう1年間延長されるのではないかといわれています。現在は、凍結している1割分を国費によって賄っている状態です。
そこで、70-74才までの1割負担を後年次も継続するため、市が独自の優遇策として1割負担を賄うとしたら、国保年金課の試算によると年間3億3千6百万円の新たな予算が必要となるとのことでした。現在、国保会計には13億円を超える累積赤字があり、来年度からその赤字を減らすための改善計画に取組むことにもなっています。この様な状態での市単費の優遇策は誠に厳しい状態にあると思われますが、この点について更に勉強してみたいと思います。
今後もご指導いただきますようお願い申し上げます。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ