FC2ブログ

市民と議会の条例づくり会議報告Ⅳ

昨日、午前中は会派控室の来訪者の方と、これからのまちづくりについての意見交換をさせていただきました。自らの思いをまちづくりに具現化させたい! …そんな話をきかせてもらいました。

 午後からは、見山、山手、北光、花園、啓北の挨拶まわり。殆んどは玄関先で失礼するのですが、「まず、座れ」と促され、市況の悪化状況や行政改革についてのご意見もお聞きしました。
また、訪問先で「野外交流会参加するよ!」という申し込みも何件かいただきました。参加状況も出だし上々です。

 「市民と議会の…」これが最後の報告となります。今回の勉強会で、最後にパネラーのある市議会議員の発言が印象に残っています。それは「我々が熱心に議会改革に取り組んでも一票にもならない。私たちの一番の関心事は選挙であると思うし、この中にそれを否定する議員はいないと思う。しかし、残念ながら議会の活動力と当選力は違う。このギャップを埋めていくような議会改革にしていかなければならない。」という意見でした。
 また、我孫子市の福島前市長の発言で「議員が行政に手を突っ込んで何かをやるというのではなく、議会の意思を形成することが大切だ。」という発言も考えさせられました。その論拠を聞くと「良く、議員から首長には数百人、もしくは何千と言う職員やスタッフがいてそれに勝てるはずがないという嘆きを聞くが、元市長の私から言えば選挙で選ばれたのは、行政側にはたった一人の私だけ、議会は何十人と市民から選ばれている。議会が纏まれば議会が強くなるのは当然である。」というのです。な~るほどと思うのであります。
 会派を乗り越えた議会の纏まり、コンセンサスをつくるということに、一人会派だからこそ一石を投じれるということもあるのかも知れません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ