FC2ブログ

米軍艦船の寄港

8月30日から9月2日までの4日間にわたり米軍のフリーゲート艦「フォード」が苫小牧港に寄港したい旨の通知が今月の上旬にありました。
この艦船は直前の寄港地のシンガポールから入ってくるもので、入港の目的は親善と友好の為となっています。(…これを額面どおりに受け取るかは別として)
これまで、苫小牧の港への米軍の船が入港したのは、道内で行われた日米の合同演習の際の輸送艦が民間バースに何度かあるだけで、公共バースに入ったことは一度もありません。ちなみに小樽や室蘭の港には入港実績はあります。
この動きに対して、民主党を含む政党関係や労働団体から反対の声が上がっているところです。
苫小牧市では受入の判断材料として平成14年に条例施行している「非核平和都市条例」に則り、外務省に核の搭載の有無を照会しその返答が昨日返ってきたようです。その内容は未だ明らかにされていませんが、神戸市などの照会に対して外務省が説明してきた『非核3原則のもと核は持ち込ませない。もし、持ち込みの可能性が出てきたときは米側から事前に協議の申込がある。この申し入れが無いということは核の搭載はない。』という返答が予想されます。
私はこれと同様の回答で充分だとは思えませんが、市は今日にでも受入に対しての判断を示すようです。
折りしも佐世保において米軍の潜水艦から放射能を含んだ水が垂れ流されていたという事件も起きています。これらの事も含め平和や安全ののこと、苫小牧港の商業港として役割をしっかりと考え声に出していかねばなりません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ