FC2ブログ

決算委員会 職員費

昨日も平成19年度企業会計決算委員会が開かれて終日傍聴しておりました。
予定通りに10時に開会したのですが放送設備に不具合が生じて、20分程度中断するハプニングがありました。こんなこともあるんですねぇ~。

 午後6時まで傍聴していたのですが、注目していた項目の質疑も終わり、別の用務もあったため途中で出てきました。昨日も21時まで委員会を延長していましたし、昨夜も結構延長になったのではないかと思われます。
これで、決算委員会の全ての審査が終了したことになります。理事者、職員の皆さんもお疲れ様でした。

本日は「職員費」についての質疑を報告します。
○質問要旨 ●答弁要旨

○18年の特殊勤務手当は2億8,600万円だったのに対し19年は3億6,500万円の7,900万円増だった。この原因と分析は。
●増額のほとんどは、市立病院の医師、看護士の確保のための手当であり、病院を維持するための必要な手当である。
○昨年の決算委員会で取り上げた、特殊勤務手当の19年度の見直し項目と効果額について示していただきたい。
●会計検査院から2重手当と指摘を受けたものはすべて廃止した。国家公務員にない手当と指摘されたものは、地域・特殊事情で残さなければならないものもあり検討中である。
○再任用職員の給与見直は早急にやるべきだが現在の状況は。
●老人ホーム、市バスの労使交渉に忙殺されており、交渉に入る条件が整っていない。これらに一定の目処をたてて交渉に入りたい。
○再任用職員は49名いるが、そのほとんどは、隔日・隔月勤務である。臨時職員は月に20日間未満の勤務日数であれば交通費が日割りになるが、再任用の月の出勤日数が平均10.8日なのに全額支給されている。整合性が取れていないので見直すべき。
●国家公務員の給与法に準拠して支給している。しかし、市が独自でできるかどうか検討させていただきたい。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ