FC2ブログ

ecoライフ大作戦他

昨日の予算委員会では、環境衛生費と商工費で2回の質問に立ちました。

環境衛生費では、来年度に岩倉市長肝いりの市民チャレンジ3弾として取組む「ecoライフ大作戦」について質問しました。この事業は地球環境、資源環境、自然環境、教育環境の4本柱により33事業に取組むものです。
街が市民総ぐるみで1つのテーマに1年間取組むという行政の発信はとても良いことだと思うし、個人的にも好きな事業であります。それだけに苦言を呈する形での質疑でありました。
まず、市民チャレンジテーマは単純、明解、目標、成果をはっきりさせなければならないとの観点から、①33事業の羅列ではなく目玉事業を打ち出すべき ②太陽光発電などの新事業の取組み ③ごみ減量とリサイクル率の高みの目標を設定すべき ④ごみ減量と経費の縮減効果について分りやすく示すべき ⑤取り組みの成果をしっかり市民に伝えるべき ⑥本事業を通じてごみ有料化について市民ぐるみで考える機会とすべき
太陽光発電について次期のごみ処理基本計画で検討するとした他は、概ね指摘させていただいた点について考慮し取組んでいただけるという答弁でありました。

商工費では、現下の厳しい経済情勢の中小企業融資について質問しました。財政状況が厳しい中で市独自の景気対策は限界があります。更に地方自治体が事業への融資について主体的取組むことはできませんが、緊急的に国が措置した融資制度を地域が効果的に活用できるよう側面支援するのが自治体の当然の姿勢であります。従来の受身の姿勢から抜け出し積極的に係わるべきという観点から質問しました。
①いま地域の中小企業がおかれている状況とそれに対する融資制度の認識 ②様々な融資制度についての周知をどう図っていくのか ③融資制度について金融機関、担当者の対応がまちまちでありこの対応は ④セーフティー保証制度についての追跡調査すべき
押しなべて、融資に関して自治体の係わる限界などを示した答弁でありました。この中で求めたセッフティーネット融資の市の認定を受けた企業の追跡調査については研究するとの答弁をいただきました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ