FC2ブログ

控室の引越し

昨日、定例の朝街宣を実施しました。
臨時議会での行政報告、議会人事、そして「民の風」の交渉会派結成などを報告いたしました。
風が強くて、2度ほど旗が倒れてしまいました。

関西で新型インフルエンザの感染が拡大しています。
東京を中心とする関東、そして北海道への感染拡大も時間の問題のように思われます。
そんな折、明日から3日間横浜へ勉強に出かけることになっています。
昨夜、出先にいた女房にマスクを買ってくるよう連絡したのですが、あるスーパーの薬局では既に売り切れていたそうです。
今日はマスクを求めて、店を渡り歩かねばならないかも知れません。

会派の変更届により、部屋の引越しをしました。これまでは窓や暖房機のない部屋でしたが、今度は南側に面して、港や海が一望できる部屋です。
早速、来客1号として小林君という若者が訪ねてきてくれました。
1階のインフォメーション後方に、議員の在室を表示する掲示板があります。在室している際は、是非お立ち寄りください。
IMG_0604.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

市OB, 05/19, 2009 - 10:22 | 編集

お聞きします

夏のボーナスを0.2%削減しろという人事院勧告を苫小牧市は留保するとのこと、小さな新聞記事でみましたが、保留とは如何なる措置なのでしょうか。勧告無視だと極め付ける人もいますが、OBとしても隣人さんに聞かれてこまっています。苫小牧市だけが突出した対応をとれるほど余裕はないはずです。この辺のことを教えていただければ幸いです。
来月は議会ですが、振興公社・社会福祉協議会など存廃がかかる問題に結論を出さねばならぬのではないでしょうか。再任用問題については機構改革と連動していろいろ問題点が指摘されています。ご活躍を祈ります。

市OB, 05/19, 2009 - 11:48 | 編集

間違い訂正

私としたことが?
人事院勧告は0.2ケ月分削減ということでした。

松井, 05/19, 2009 - 15:58 | 編集

Re: お聞きします

市OB様
この度の人事院勧告(臨時)を保留した件でお問合せいただきました。
ご指摘のように市職員の夏のボーナスの0.2ヶ月分削減するよう臨時の勧告がなされたにも関わらず削減の実施を保留しました。
これには2つの理由があります。
一つ目は、市は今年度既に4.1%の独自削減を実施中であり、今回の人勧の臨時勧告を上回る削減効果を上げている。
二つ目は、4.1%の独自削減を合意する際に市労連との間で、人勧のマイナス勧告とは重複しないという確認書が交わされていたという理由があります。
「保留」という措置は、この8月に人事院による本勧告が出された際、独自削減を上回る勧告があれば協議するという意味だと理解しています。
少し込み入ってしまいますが、一般会計のボーナスの比較において、今回の人歓の削減額は8,000万円、市独自では6,000万円で削減額は少ないのですが、この他月額給与で月1,100万円を削減しており、4月、5月分を合わせると2,200万円の削減。つまりは、市の独自削減がマイナス勧告を上回っている…ということです。
ちなみに、他都市の動向ですが、函館市は市独自の給与削減はしておらず今回のマイナス勧告を受け入れています。また、小樽市は苫小牧市と同様に独自削減をしており、その削減額がマイナス勧告を上回っているので実施はしないと決定したそうです。

松井, 05/19, 2009 - 16:04 | 編集

Re: 筋を貫くべし

一市民 様
この度は、会派の結成に対するご意見を賜り有難うございました。
「自分の主張を貫くように…」とご進言いただきました。
今後、沿わないようなことがあれば、どんどんご叱責いただきますようお願い申し上げます。

追伸 : 恐縮ですが他議員に対する評価、中傷が文中にありましたので、コメントを削除させていただきました。ご容赦のほどお願い申し上げます。

市OB, 05/19, 2009 - 16:57 | 編集

人勧対応について

懇切なご回答有難うございました。
勿論、私も苫小牧市が独自の基本給4.1%(組合員は3.8%)削減を実施していることは承知しています。
今朝の道新に道職員のボーナス減額について臨時勧告どおり支払い凍結すると最終回答をしたと報じられています。
私は苫小牧市の労使関係を知っているだけに、独自削減の際に予め人勧を予測して事前に協定をしておくことに非常に違和感を抱きます。
こういう事前の協定が結ばれていたことを議員の先生方はご存じでしたか?道の対応との余りの大きな落差が苫小牧の悲劇を内蔵していると思えてなりません。

支援者, 05/20, 2009 - 10:15 | 編集

ひとこと

人勧保留に対する議員の説明は市当局の言っているとおりで、必ずしも納得できません。
私も苫小牧市が独自の本給削減を実施していることは承知していますが、十分だとは思っていません。
函館と小樽の例を挙げていますが、却って意図的なものを感じますので、北海道の場合と比べてもらいたいと思います。
議員は組合寄りの立場に一線を画して公平な判断をされていると思いますので、市民からみると裏取引が常態化しているような今の労使関係についての私見をお聞かせくださると有難いのですが、よろしくお願いします。

松井雅宏です, 05/23, 2009 - 08:38 | 編集

Re: ひとこと

松井です。ここ3日間、苫小牧を留守にしておりました。
返信が遅くなり申し訳ありませんでした。
職員給与の問題ですが、給与の独自削減の継続、特殊勤務手当の見直しなどは、度々議論させていただいております。
(市ホームページ→議会→議事録検索システム→キーワードに「独自削減」「特殊勤務手当」、議員名に「松井雅宏」を入力)

その上で、今回の場合は人事勧告を上回る削減を既に当市が行なっているということで理解しております。際限なく減額していけば良いと思っていないところですが、バランス感覚が一番必要なことだと認識しています。北海道の事も良く勉強してみたいと思います。

組合に対する考えて方ですが、以前の市民感覚から外れ、強力な執行部による行き過ぎた職員支配や市政への関与の状況とは変わってきているような気がしています。
職員の中には、組合の姿勢に対する考え方も様々あり、そこのバランス感覚というものを大切にしてもらいたいと願っている一人です。

支援者, 05/23, 2009 - 17:24 | 編集

人勧対応について

市が当初は人勧実施で動いていたことは明らかなのです。すでに組合との合意があったから留保とは言い訳でしかないと言いたいのです。
私はこういったことを議会が知らないとは思いたくないのですが、岩倉市長のいう市政の透明性というのは全くのまやかしだということです。
北海道のこともよくお調べください。高橋知事は道の財政再建に対する熱意は岩倉市長の比ではりません。私は高く評価しております。
私は苫小牧市の労使関係は以前と何も変わっていないと思っています。岩倉市長が組合と悶着を起こさないことを最優先にしているからだと断じます。この点もよくお調べいただきたいと存じます。

松井雅宏, 05/26, 2009 - 08:25 | 編集

この度の北海道の夏季手当の対応の件です。
私が承知しているところでは、道は今回の人事院勧告にならって0.2ヶ月分を凍結するとお聞きしています。ご承知通り、道は給与の独自削減(一般職7.5%減、管理職9%減)を実施しています。しかし、夏と冬のボーナスは、役職手当の三分の一減はあるものの、この独自削減は反映していないところです。
苫小牧市は給与とボーナスともに4.3%減を実施しています。
また、先般申し上げましたように、この間議会でも独自削減を継続すべきの立場で質疑をしております。
現在のところ、それを更に減額すべきとの立場には立っていないところです。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ