FC2ブログ

視察調査報告Ⅰ

11月27日「あいち臨空新エネルギー実証研究エリア」を視察調査してきました。
記憶に新しい、環境万博といわれた愛知万博の理念や成果を継承するかたちで、愛知県が直営で行っている新エネルギーの研究エリアです。運営費には年間1億円がかかっています。
ここで、進出企業による実証研究が進められています。
写真で説明を受けている後方に見えるのは、大同特殊鋼㈱の集光型太陽光発電プラントの実証研究です。私たちが良く見る屋根の上の黒いパネルではなく、太陽光を集めるために大きなレンズを装着して、太陽の動きに合わせてパネルの向きが変わります。効率が良い上に高価な半導体が少なくて済む利点があります。
他にも中部電力が取り組んでいる木屑などを利用したバイオマス分野の実証研究。東邦ガスが取り組んでいる燃料電池分野の実証研究を見学しました。

苫東には今後の10年間を目途にした第2期進め方という計画があります。この中の柱に「資源・エネルギーの備蓄・供給機能等の整備」というのがあり、大都市圏への雪氷輸送や自然冷熱を活用した農産物の貯蔵・備蓄の立地に取り組むとされています。また、現在は米を原料にしたバイオエタノールの取り組みも進行中であり、燃料電池も含め新エネ分野に対する期待も大きなものがあります。
ある委員がこれらの実証研究の苫東の可能性について聞いたところ「結局は人の繋がりですね」としいう担当者の言葉が印象に残りました。
IMG_0806.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ