FC2ブログ

年賀状

毎年、ギリギリになってから発送する年賀状ですが、今年も投函は今日になってしまいそうです。
今年の年賀状も、女房のトラの挿絵…(マントヒヒにも似ています)と二段に昇段した私の筆字…(何度も書き直し)による合作です。
そこで、ネットで年賀状の起源を調べてみました。

以下引用~

 年賀状の起源についてははっきりとはわかっていない部分が多いが、道郵政局などによると、年始のあいさつは奈良時代までさかのぼる。平安時代には公家社会にその風習が広まって、書状でもあいさつが交わされた。平安期の学者、藤原明衡が著した手紙の模範文集「雲州消息(うんしゅうしょうそく)」には年始あいさつ状の文例があり、これが現存する最古の年賀状といわれている。

 時代とともに新年のあいさつは一般に広まり、江戸時代になると、飛脚が書状を運んだ。現在同様に、12月に投かんされた年賀状が元日に配達されるようになったのは1899年(明治32年)の「年賀特別取り扱い」が始まってからだ。

~引用終わり。

普段ご無沙汰ばかりしている人と年賀状を介して挨拶を交わす。…時代は変わったとはいえ、まだまだメールにはとってかわられそうもありませんね。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ