FC2ブログ

不公平感

昨日は豊川のコミセンに伺い2点について館長さんからお話を聞いてまいりました。
1点目は以前書き込みました治療院の先生のボランティア活動のことです。「ご自身の知識と技術を活かして、ご高齢者向けに健康管理についてボランティアでお話をしたいと考えているが、どうしたらよいか。」とお尋ねしたところ、館長さんからは「老人室やお風呂の利用者さん向けにお話ししていただくのは難しい。」との返答でした。その理由について、ここで書き込むことは避けますが、もう少し柔軟性を持った運営が出来ないものかと感じました。また、別な機会にでも本庁の担当課に尋ねてみたいと思います。この件については方向性を変えて町内の老人クラブにアプローチしてみたいと思います。
2点目はこの4月から100円の利用料を徴収しているのですが、それを支払わないサークルがあって、利用者間に不公平が生じているという抗議があり、実態についてお聞きいたしました。館長はそのような事実があることを認めた上で「現場としても苦慮しているが、当該サークルと本庁が話をしていることなので、どうしたらよいものなのか…」と困惑のご様子でした。この点については担当部署を訪ね、更にお聞きしたいと思います。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ