FC2ブログ

年金記録漏れ

昨日、年金支給に関するご相談を受けました。
昨年12月に民主議員ネット・胆振の事務局長として、苫小牧市に年金記録調査(宙に浮いた年金問題)に協力していただくよう申し入れしたことが、新聞記事として紹介されました。
その記事を見た年金受給されている方が、民主党苫小牧事務所を経由して相談の電話をくださったのです。早速、伺い状況をお聞きしました。
・現役のときに、4ヶ所の事業所に働いていたが、うち2ヶ所の事業所で働いていた分の年金記録が漏れていた。
・記録の訂正により、年間153万円→173万円の受給になった。
・過去にさかのぼった分としては、2回に分けて約350万円をもらった。
・しかし、年金記録が正確に訂正されているのか?
・書類の不明な点についてについても、何度も社会保険事務所とやり取りしても納得できる説明が無い。
などの説明でした。どうやら、訂正漏れの手続きに行った際に担当者とのやり取りに感情的なものが残ったらしいのです。
これまでの書類を拝見し、ご本人の不明な点を書き出して整理をし、それを持って今年から新たな組織になった「苫小牧年金事務所」に伺いました。
思ったよりも、丁寧で分かりやすい対応をしていただきました。不明点についてお聞きして、それに対する回答と根拠を6項目について説明していただきました。
特に、過去の未払い分に付いて、5年間分しかさかのぼらないところを、特別立法で受給開始時点までさかのぼって2つに分かれて支給されており、表現方法なども役所の論理によるもので受給者側に立っていないと感じました。
一通り、私なりに理解をし再度、ご自宅に伺い本人に説明したところ、納得をしてくれました。
もらうべき年金が社会保険庁のずさんな管理によってもらえなかった…組織は新しくなっても年金に関する不信感は消えていないというところです。受給者の側に立った丁寧な説明がこれからも求められます。
私が帰る際に「不信感を持ち続けこれからも年金を受け取るのは嫌だった。有難う。」とおっしゃっていただきました。昨日は、マイナス10度を超える冬日でしたが、こころはポカポカした良い日でした。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ