FC2ブログ

道新コラムより

昨日、定例の朝街宣を実施しました。数日居座った寒波も、どうやら去ってくれたようです。

今朝の気温はプラスの2℃。春が少しづつ近づいていると感じながらのウォーキングでした。
行きつ戻りつ、春のあたたかさが確実にやってきます。

2月7日の北海道新聞に掲載された「寒風 温風」というコラム。後で読もうと思い手帳に挟めていたものが出てきました。
立命館大学の高橋伸彰教授が「鳩山首相の施政方針演説」と題し寄稿したものです。
・鳩山内閣に対する風当たりが厳しく、支持率の下落が止まらない。
・しかし、10年度の本予算が成立し政策が実行されれば世論は変わってくるかもしれない。
・「子ども手当」「高校無料化」は批判が多いが、所得制限は別の形で負担を求めるほうが効率的。
・その為には、納税者番号が必要。
・そもそも、社会を構成する全員が賛成する政策は現実に存在しない。
・いま、グローバル企業よりも生活者を優先する政策への転換が求められている。
・施政方針で掲げたのは、グローバル企業の競争力でなく、環境、、医療、介護、
 健康という「いのちを守る」分野の成長戦略だった。
・新自由主義的な経済政策によって冷遇された北海道にとって、久しぶりに希望の持てる施政方針だった。
…と締めくくっています。
メディアや世論が政権批判を唱える中、この様な論文を寄稿するのは大変勇気がいることだと感じました。
批判だけでは、何もはじまりません。まずは受け止めて前向きに考えていく…そんなメッセージが込められているのではないでしょうか。
IMG_0932.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ