FC2ブログ

日本一のハナショウブ園

昨日、初めての代表質問に登壇しました。
前段の質問者の場面で議会が一時中断し、私が登壇したのは通常は閉会する時刻の午後5時でした。他の議員からの「我々はそろそろ帰る」とか、「明日(休会日)にしたらどうだ」とかいう、冷やかしの声を背に受けながらの登壇でした。

与えられた質問時間はたっぷり1時間。
3回の質問の配分は偶然にも完璧でした。最初の質問に30分、再質問に25分、再々質問に約5分。
何時ものように終わったあとに「この様な角度で再質問すれば良かった…」などの反省点はあるものの、いままでの中では、比較的落ち着いて質問することができたと思っています。
質疑の要旨については、議会終了後にHPでご報告いたします。

今回の質問で、前段で質問内容と重なった部分で割愛した項目が3つありました。
それとは別に私としては、チョッピリ残念に思う項目を割愛しました。
それは市の花「ハナショウブ」についてです。数年前から、「市の花であるハナショウブが市民に認知されていない、株を寄贈するので『ハナショウブ園』を整備できないか」という意見を友人から聞き、議会でも何度も取り上げてきました。
しかし、株は市民の有志から寄贈してもらったとしても整備する場所の選定やその後の運営費の捻出の問題があるということで、何度も担当課と友人との間に入り、この計画が前進するようにお話をしてきました。
そして、錦大沼公園に数年かけて、市民の力で「ハナショウブ園」を整備するという方向性が、来年度に向けて発表できる段階まで来ました。
そして「市民の取り組みで日本一のハナショウブ園にしよう」という立場で、今回の質問で取り上げる予定でした。
しかし、質問の直前に地元紙の一面にその殆んどの内容が掲載されました。担当課から、記事掲載の直後に「配慮が足らなかったと」謝罪がありました。…それは、しょうがありません。
でも、計画を策定するところまで、真剣に検討して努力していただいた担当課に質問の中で、労いの言葉もかけ、今後の取り組みの応援の言葉もかけたかったと思っています。
昨夜遅くに、記事を見たハナショウブを寄付する市民有志でもある友人から「今後も我々と行政の間に入って日本一のハナショウブ園を作る為に協力すれよ」と電話がありました。
「勿論、私も仲間に入れてください」とお答えしました。市民による日本一のハナショウブ園にしていきたいものです。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ