FC2ブログ

予算委員会その1

昨日、新年度の予算審査特別委員会が開催されました。
総務費の関連で5項目について質問しました。

①「広報とまこまい」の民間委託について
2年半にわたり、民間委託を求めているが、検討状況、課題、取り組みスケジュールについてお聞きしました。22年度に委託内容を検討し、24年度実施を目指すとの答弁がありました。

②土地開発公社の塩漬け土地の抜本対策について
簿価50億円以上の塩漬けをなどの遊休地が、時価17億円になっており33億円の含み損がある。来年度策定する健全化計画で抜本的な解決に向けた検討が行なわれるべきとの立場でお聞きしました。後年次に交付税措置される第3セク債の活用や、全国の先進事例、広く健全策のアイディアを募ることも検討すると答弁がありました。

③コミセンにおける証明書取り扱いの見直しについて
豊川・住吉・沼ノ端の各コミセンで、住民票などの証明発行事務が二人づづの嘱託配置をし、年間2,020万円の人件費が予算計上されているが、現在、指定管理しているNPO法人に委託することを検討すべきとの質問をしました。
法律、条例でクリアしなければならぬ問題があり、職員を配置しなければ発行事務の継続は難しいが、現在の一部を委託できるか検討する価値はある。との答弁がありました。

④職員表彰のあり方について
現在、勤続30年の表彰を実施しているが、勤続年数よりもむしろ、各課、各グループごとに模範表彰を創設すべき。特に9の実力がある職員が9の働きをしたことを認めるより、5の実力の職員が7の働きをした際に本人の成長度合いに着目した表彰にし、職員レベルの底上げを目指すべきと質問しました。勤続年数表彰も必要だと思っているが、提案のことも含めて考えていきたいとの答弁がありました。

⑤災害時要援護者名簿について
19年から24年まで間に整備するとなっている本施策についての進捗状況。更には以前も求めて介護度の高い高齢者や障がい者についてのフォローアップの取組みについてお聞きしました。21度においての進捗度は31%であるが24年度の目標に向けて取り組む、フォーローアップに関しては、福祉部門との連携を更に強化していくとの答弁がなされました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ