FC2ブログ

バワハラ問題

昨日、市の関連施設におけるパワーハラスメントに関する件で担当部署を通じ、事実関係と現場での認識について、何度もやり取りをしました。
まずは、当該組織の責任者の回答をいだきましたが、予想していた通り他所事のような回答でありました。
関連組織に天下った市役所OBの(責任者としての自覚に欠如した)絵に描いたような返答。挙句の果ては「問題があつたなら、言ってくれたら良いのに…」などという他人事の様なことを言っていたというのです。…あきれるばかりです。

今回のバワハラに関係する当該組織の職員に以前、猛然と文句?(抗議)を受けたことがあります。当時、議会で再三にわたり、その組織へ繰り出している年間2,300万円の補助金を廃止すべきと求めていたことに対し、「新聞にも報じられてまいっている。俺だからもっているけど、若い職員なら命無くするところだぞ」という、脅しのような内容の抗議でした。私も黙ってはいませんでしたが、中央図書館の入り口で、30分ほど大声でやられました。
ですから、この話を知人から聞いて、当然ありありえる話と思いました。この間にも、別件でバワハラの匿名の手紙も届いており、気にかけていました。従って、今回は本人に話を聞きたいと私から申し出てお聞かせいただいたのです。

問題の根本にあるのは、市役所の腰掛の天下りが責任者でいること。そして、その現場をきちんと把握しない責任者が、現場に牛耳られて指導力が発揮できないこと…つまりは、市役所と当該組織の関係から見直していかねばならないことだと感じています。
そういった問題提起を議会の場で行なっていくつもりです。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ