FC2ブログ

納付資料の廃棄

17日、控え室に民主党苫小牧支部の沖田龍児代表がお見えになった。22日に予定している支部総会の役員改選に関して、先般、私が提出していた役員(幹事長)の希望に対して、他にも希望している人がいるから降りてほしいという依頼でした。私は今の支部役員体制が市の職員組合関係者ばかりで固められていることに、市民から批判の声があるし私もそのように思っていることをお伝えし、そのような声を新体制がしっかり理解し受け止めてくれることを条件として、残念ですが今回の幹事長という希望は取り下げることにいたしました。

年金問題が大変なことになっています。会派の控え室にいると事務局を通じ、市民の方から一本の電話が入りました。
「S36~H13まで間、社会保険庁の受託事務として自治体がが収納していた国保税納税資料が本市においても一部破棄していると報じられているが、①一部廃棄の期間は? ②本件を議会質問もしくは広報で取り上げるなど市民に知らせてほしい」というご意見でした。
早速、担当課で調査したところ「①本来資料の5年間の保存が義務付けられていたが、その時々の担当責任者の判断で、念の為に台帳保存とスキャナー保存しており、まったく資料がないのはH4~H6年の間。 ②一部欠落している資料について市民にお知らせするのは帰って混乱を起こす懸念がある。現在、持っている資料について社会保険事務所から問い合わせの時点で、慎重に調べて返事をしているので理解してほしい。」 とう返答でした。
本件についてご意見がございましたら是非お聞かせください。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ