FC2ブログ

まちなか再生計画

昨日の午前、民主党苫小牧支部への月額2万2千円の議員寄付金の減額を求めている後藤、矢農議員と共に09年の決算にもとづき、支部会計がどの様な中味になっているのか、支部事務局長から説明を受けました。
決算を精査し、それこそ「事業仕分け」による議員寄付金の減額の可能性を探りました。来年度の減額に向けて一定の方向性が見出せましたが、あとは議論次第というところです。

午後から、「まちなか再生プロジェクト素案」に関する意見交換会に参加しました。今年度末を目途にこの素案をたたき台として、市民参加のもとまちなか再生計画が策定されることになっています。市議会向けに2日に分かれて意見交換会が開催されたのです。
「まちなか再生」については、最近始まった事ではなく中心市街地活性化事業として平成3年頃からシンボルストリートなどの基盤整備に多額の資金が投入されたり、タウンマネジメント(TMO)構想などの様々な取り組みがなされてきました。しかし、どの取り組みも活性化の決定打にならず地盤沈下の道を辿ってきています。
今回の計画は、これまでとは視点を変えた計画をという期待の声を受けて作成された素案でありますが、従来の計画の発想から脱却しているか否かが注目されています。
私からは、①まちなか再生に関する発想の大転換を図るべき ②その為には、これまでの取り組みを行政、議会、商業、市民がそれぞれの立場での厳しい総括から始めなければならない…と申し上げました。
同じ会派の田村雄二議員は、特に「まちなか再生」に対する思いが強く、かなりの時間を割いて持論を展開していました。
今後、市民に対して「まちなか再生」に関し、フォーラムやパブコメなどを通じて多くの意見やアイディアを求めていくことになっています。本計画策定の動向についても是非ご注目いただきたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

閲覧者, 05/20, 2010 - 13:31 | 編集

沖田清志さんの市長選公約が発表されましたが、正直なところ大いに落胆しました。
いちいち論評は差し控えますが、民主党を離党し、労組母体から独立して選挙戦に望むという立起表明での決意とは程遠い内容です。
これでは、市職労出身者なるが故に、少なくとも行革、市役所改革には消極的であると宣言したに等しいものです。
民意と完全に乖離した戦略を転換することは今からでも遅くはありません。
民主党がこのような人間を市政奪還のため正面に据えた本音が理解できませんが、まだ幾らか希望を残しておきましょう。

, 05/22, 2010 - 16:08 | 編集

沖田清志さんが市長選で落ちたら来年4月の道議選に出馬することが約束されているとの話がまことしやかに流れていますが、民主党本部はいざ知らず支部の体質ってそんな生臭いものなのですか?
松井さんも嘗ては道議選に打ってでた方です。私ら支援者は叉いつの日かチャンス到来を夢見ていますが、支部の副代表としてしっかりとした行動を特に期待してやみません。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ