FC2ブログ

ずさんな指定管理選定

昨日、一般質問が終了し補正予算の審議が行なわれました。
私は補正予算3千3百万円と債務負担行為2億2千万円に含まれるていた「沼ノ端スポーツセンター」の指定管理選定に関して質問いたしました。
提案された内容によりますと指定管理に応募した4つの応募団体から、NPO法人地域づくりネットワーク・㈱苫小牧スコーレのコンソソーシアム(JV)がされております。
私が特に問題視したのは、プールの運営や体育施設の運営に実績があるとされている㈱苫小牧スコーレの実績評価であります。この会社は昨年の9月に設立された会社であり、役員5名と職員8名とされておりますが誰一人苫小牧在住者は無く、たまに職員が苫小牧に通ってきているというペーパー会社であることが判明いたしました。ところが実績がゼロの会社であるにもかかわらず、運営実績が高得点を得ているというのはグループ会社が深川市や留萌市のプールの指定管理を受託(現在は廃止)している実績を無理やり引っ張ってきているものだったのです。
また、NPO法人に市の職員が理事に名を連ねていたことを指摘したいしました。もともと当該NPO法人は施設を受託しようとして設立したものでは無かったとは思いますが、4年間で2億5千万円を超える市民の税金が投じられる施設の運営する団体に市の職員が役員を務めていて良いはずがありません。
他にも、選考過程における採点の不明確さなど含め市民から「出来レース」との疑念が持たれかねない、ずさんな選考であることを指摘いたしました。
他にも共産の渡辺議員、民主の西野議員も本選定についての不透明さや恣意的とも思える採点について質疑がされました。
質疑終了後に休憩を取り、私どもを含む3会派で指定管理を除く補正予算の修正案を提出。採決が行なわれましたが、賛成少数で原案が可決されました。
今回の議論を通じて、どんな指定管理であろうとも意図的に選定できてしまうという現在の制度の欠陥が明らかになったように思われます。
この指定管理制度は、民間活力導入の大切なツールだと認識しています。それだけに、しっかりとした指定業者選考がなされなければなりません。
我々議会がただ単に追認機関ではなく、しっかりとしたチェック機能を果たさねばなりません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

, 06/10, 2010 - 22:49 | 編集

No title

そのような杜撰な指定管理者選定についても議会はなんと無力なことかと呆れてしまいますね。
飛躍するようですが、やはり議会改革と結びつきませんか。
議会改革といえば定数と報酬削減となるようですが、私はそんなこと本質的な改革ではないと思います。
質問趣意書制度の確立など議員の行政観察の徹底化、そして議会における反問権の付与による徹底論戦、さらに情報公開の徹底化、言い出せば際限がありませんが、議員の資質も問われるのは当然でしょうね。
時間制限の中で中途半端な質疑を行なう程度の議会では或る意味では無用の長物になりかねません。

, 06/11, 2010 - 08:32 | 編集

No title

わたくしも、このコメントしている方に賛成です。今の議員は、中途半端な質問が多すぎます。議会も議員が質問して、行政側が言い訳するだけ。それで済むような議会では、意味がありません。松井さんも、一見いいこと言っているようですが、行政を批判して議員の役割を果たしていると言っているようにみえます。
もっと課題を広くとらえ、行政も反論し、議論できるような議会にして、もっと本質的な議論を議会でしてほしいものです。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ