FC2ブログ

身障連との懇談

昨日は、市長候補の沖田清志さんの政策宣伝カーに終日乗車し市内を遊説たいしました。
民主党の議員が選挙期間中の1週間に各自1回づつ交代で、この政策宣伝カーに乗り込むことになっています。
選挙カーとは違って、名前の連呼はご法度。文字通り、候補者本人の政策を訴えるための遊説です。
・行政や事業を一から見直し、一切のムダを省く「苫小牧版事業仕分け」の実施します。
・給与制度、特殊勤務手当の見直しを図り、市役所の総人件費の抑制に取り組みます。
・医療費無料化を小学校3年生まで拡大します。
・中小企業振興条例を見直し、地域を支える中小企業支援を強化します。
など等、候補者の政策をお伝えして歩きました。
多くの市民が、応援の手を振ってくださっていました。

夜に、心身障害者福祉センターで開催された苫小牧身体障害者福祉連合会の皆さんと市議会議員との懇談会に出席しました。
今回で7回目の開催となる会合でしたが、出席した議員は会派「せいしん」の渡辺敏明議員と私の2人だけでした。他の議員は市長選挙や参議院選挙で忙しいのかもしれません。下記のご意見やご要望を伺ってきました。

・毎年開催される当連合会の新年会に参加する場合、視覚障害は会場までの送迎介助は市で面倒みて貰えるが、聴覚障害者と同様に会食の介助までお願いできないものか。
・都市間バスを利用する場合、待合室にトイレが無く不便である。エガオの地下かJRまで行かなくてはならない。トイレを設置できないか。
・心身障害者福祉センターのトイレが車椅子専用以外は全て和式である。一部でも簡易洋式にできないか。費用も2万程度で済むはず。
・心身障害者福祉センターの1階集会所が冬になると寒くていられない。何とか改善してもらえないか。
・町内会費を払わない住民が増えてきている。条例を改正し支払いを義務化できないものか。
・ノンステップバスが1台走っていると聞いたが、利用したくてもどこを走っているか分からない。周知してもらうことは出来ないのか。

以上6点について、ご意見を賜り渡辺議員と共に知りうる限りの関連する状況についてお話いたしました。現時点では難しいと思われるものもありますが、いづれも現況の把握と行政の認識、今後の方向性について調査し、報告したいと思っています。
IMG_1035.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ