FC2ブログ

町内会の加入率

以前、ブログに書き込んだ身障連との懇談会の際にお受けした質問や意見を担当課に問合せしておりましたが、昨日、回答をいただきました。
この回答を纏めて、来週明けに一緒に参加した渡辺敏明議員にもチェックしていただき返答したいと思っています。
今朝は全部で5点あったご意見のうち、1点だけ紹介したいと思います。

【ご意見】
・町内会費を払わない住民が増えてきている。市条例をつくって支払いを義務化できないか?

【回答】
・現況について
町内会の加入率はH17の77.29%からH21の71.25%へ6ポイント下がっている。また、アパートの加入率はH17に52.22%だったものがH21に41.46%と9ポイント以上下がっている。(市民生活課)

・条例制定についての考え方
町内会費は町内会ごとに任意で決定し会費を定めており、行政の手数料や使用料とは性質が異なる。よって市が条例で縛る権限は無く全国の自治体でもこの様な条例を持っているところは無い。(法規課)

・加入促進に向けた対策について
市としては①町内会加入促進チラシを作成して公共施設において配布 ②広報で加入の呼びかけ③アパートの建築主に入居者パンフレット配布の協力を求める など対策をしており、更に加入向上の対策を検討中である。(市民生活課)

…と以上のように報告しようと思っています。
地域づくりの基本は町内活動であり、その地域の相互扶助である町内会活動の停滞は、街づくりの根底が揺らぐことに繋がると思っています。この点を心配されてご質問をいただいたものですが、根本的な解決策は見出せていないのが現状です。どうしたら、地域を守っていくことが出来るか、真剣に考えていかねばなりません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

, 06/27, 2010 - 13:51 | 編集

No title

特殊勤務手当の実態をみて聞きしにまさるものだと怒りを覚えます。
私は松井議員ならではの真摯な対応だと高く評価を惜しみません。
然し、冷静に考えてみると、このようなことを今まで放置しておいた責任は議会にもあると思うのですが、的外れでしょうか。
尤も、松井議員はこの手当は相当部分が適正であるというのであれば、私の批判は申し訳ないことですが、この点も含めてご説明願えれば幸いです。

松井, 06/28, 2010 - 08:08 | 編集

No title

ご指摘の通り、議会にも責任はあります。
しかし、ただ放置していたわけではありません。
私の「議会報告」をご覧いただければ、ご理解いただけると存じますが、過去5回の一般質問・予算委員会・決算委員会で見直しを求めています。
特に平成18年に会計検査院から不適切と指摘を受けた「給与の二重払い」「国にない手当」については、約1,500万円分の特殊勤務手当を見直していただきました。
しかし、良く調べてみると市民理解が得られない手当が残っており、他市の状況も調査した結果です。

この手当が、「適正であると思っているのか?」とのお問合せですが、思っていれば質問として取り上げたりしません。来年度の予算編成に向けて見直しを求めてまいります。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ