住宅手当について

北海道新聞の昨日の朝刊一面に札幌市職員の家賃手当の不正受給について、そして今朝の一面には道内主要都市10市の職員の家賃補助制度についての記事が掲載されています。
札幌市の不正受給については論外ではありますが、今朝の記事では自治体における職員の家賃補助制度の在り方自体に疑問を投げかける内容となっています。

昨年の8月に1通の匿名メールをいただきました。
それは『市役所の住宅手当についてですが家族名義であっても借家として認められてるらしいですが本当ですか?普通に考えておかしくないですか?』という内容でした。
早速、担当課にヒアリングを受けたところ、30年前に策定されている住宅手当の現在の規則では、民間では考えられないことですが、親族との契約の職員にも住宅手当が支給されていることが分かりました。
これを受けて、『貸主と借主の住所が同じ=家族名義の住宅手当の支給』と考えられますのでこの件数と支給額について調査依頼をかけましたが、1件づつ精査しなければならないので相当な時間がかかるとのことでしたが、調査することを約束していただきました。
しかし、一向に返答はなく、新年度明けに催促したところ、精査するための臨時職員を確保できたのであともう少し待っていただきたいとの返答。その結果の連絡が来る頃だろうと思っていたタイミングで、これらの関連の記事が掲載されたのです。
苫小牧市では、よもや札幌市の様な不正受給は無いものとは思いますが、まずはこの確認が必要です。

その上で家族名義であっても支給されている以下の要件については、市民感覚とズレておいると感じており、支給基準の見直しを求めてまいりたいと思っています。
①職員の扶養家族が借り受けた住宅に居住し、当該職員が家賃を負担している場合
②本人または配偶者の父母、祖父母、兄弟及び子から、別棟を借り受けた場合
③扶養親族でない配偶者名義の住宅に居住している職員

ちなみに支給金額は月額7,000円から上限が27,000円支給されており、全体の支給実績に付いては次の通りとなっています。
平成28年度 1億1,400万円
平成27年度 1億400万円
平成26年度 1億1,100万円

日高路を行く

昨日、母の逝去にともなう諸手続きのために平取町のびらとり町農協、新ひだか町にある法務局に行ってまいりました。
かなり前に日高町の農協と平取町の農協が合併しており平取町の本庁には初めて行きましたが、真新しい立派な建物でびっくりしました。トマトの生産で有名ですが、こんなところにも好調ぶりがうかがえました。野菜の直販所に寄って、トマトとウドを仕入てきました。

新ひだか町の法務局の方は私の日程調整もあり、手続き予約が中々とれずにいましたが、昨日の2回目の相談でほぼ手続きが完了しました。
時間調整で新ひだか町の図書館に寄ってきました。まだ新しい図書館と見受けましたが、色々館内を探索していると尊敬する小児科医 高橋義男先生をモデルとした「義男の空」というマンガ本に目がとまりました。全3巻ありましたが、2巻までを読破。残りは今度静内方面に行く時の楽しみにしたいと思います。

この道のりで、日高町のそばの有名店で昼食をとったり、先月に開通したばかりの高速日高道 日高門別IC~日高厚賀IC間 も走ってきました。良いドライブ日和となりました。

2つのニュース

昨日、夕方の道内ニュースに苫小牧に関して2件が報じられていました。
1つめは、苫小牧警察署が自転車盗難防止のために、JR苫小牧駅の駐輪場にある無施錠や1つしか鍵が掛けられていない自転車に、警察官が鍵をかけるという「オールロック作戦」の実証実験を始めたというニュースです。増え続けている自転車盗難に歯止めをかけたいとの思いからの対策です。解錠してもらうためには時間帯によって、警察署に電話をかけるなどの対応が必要になるそうです。
普通に考えれば放置や迷惑駐輪では無い所有者がいる自転車に警察とはいえ勝手に施錠できる根拠と言うものが当然あるのだと思われますが、後学のために調べてみたいと思います、、、とは言っても、この取り組みを否定的に考えているわけではありません。持ち主が急ぎの場合などのリスキーな点もあると思われますが、この思い切った対策の成果を注目したいと思います。

もう一つは、命にかかわる問題でした。市内のガソリンスタンドでガソリンが混入した灯油が、12日から14日の午前にかけて42件で計1,380リットル販売してしまったというニュースです。石油ストーブに間違えてガソリンを投入して火災になるケースは毎年のように発生しています。
最初に知ったのは、17:30頃にスマホに入った苫小牧市からの一斉メール、その後にテレビのニュース、そして19:00頃だったと思いますが、こちらの方まで市の広報車が回ってきて注意喚起を促していました。
これらの関係当局の素早い対応もあり、いまのところ被害は出ていないようですが、まだ安心はできません。
今回の様な事件が、再発しないよう対策が求められます。

先週末

日曜日、第48回市民植樹祭が美沢地区の市有林で開催され、市議会を代表して参加いたしました。
本事業は「苫小牧市」と「苫小牧市まちを緑にする会」が、合同で取り組んでいる事業で、昭和46年から植樹場所を変えながら実施されています。
昨日は、バス3台に100名以上の市民や親子連れが乗り込み、国道36線の千歳空港入り口手前の道路を2~3キロ入った市有林で、生憎の小雨模様の中でしたが植樹が行われました。
この様な事業が毎年行われていることは、新聞記事で間接的には知っておりましたが、初めて参加させていただきました。
子どもの頃、親父の山仕事についていき、植林の手伝いをしたことを思い出しました。
最近、山の整備や林業が見直されてきています。地球温暖化防止はもとより、土砂災害時における雨水の保水、豊な海をつくるためにも森林の役割は大きいと聞いています。
2007年に天皇皇后両陛下をお迎えして苫東地区で全国植樹祭が開催されました。また、2020年には皇族をお迎えして、全国育樹祭が北海道で開催されることになっており、この様な地道な取り組みが苫小牧への大会誘致に繋がればと期待しているところです。
IMG_1505.jpg
IMG_1524.jpg

再びゴールド免許

昨日は、視察調査後の書類整理や平成29年度各会派政務活動費報告書の副議長決済などで、執務室でほぼ終日過ごしました。

中国の李首相が来道し、トヨタ自動車北海道道を視察されたと報じられています。一時期冷え込んでいた日中関係も、改善の兆しが見えているこの時期に来苫の機会があったことは、一市民としても喜ばしく感じています。
来週からは苫小牧港管理組合議員が中国の秦皇島市を訪れることになっており、今回の李首相の訪問も話題に上ることでしょう。

苫小牧警察署で新しい免許を受け取ってきました。5年前の免許証と今回のを見比べると、顔が一回り大きくなったような気がして複雑ですが、前回と同様に「ゴールド免許」は嬉しいものです。
この間に車に細かな傷は付けたりしていますが、安全運転励行で5年後も3回連続の「ゴールド免許」を目指してまいりたいと思っています。
IMG_1496.jpg

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ