FC2ブログ

同友会7月例会

昨夜、中小企業同友会苫小牧支部の6月例会が開催され出席いたしました。
コロナ感染拡大防止で、今年の2月以降の月例会を全て中止しており4か月ぶりの開催となります。
この間、限られた人数での定時総会やZoomを併用する幹事会、少人数の委員会活動は再始動しておりましたが、昨夜が今年度の苫小牧支部の本格活動のスタートとなりました。
昨夜の例会は、同友会札幌支部の会員であり、札幌市内で東洋医学を施術する陶恵栄院長が講師となり「健康管理と企業経営~新型コロナウィルスに負けないために~」と題して、新型コロナウィルスが猛威をふるい、様々な社会生活や事業活動に影を落としている現状を踏まえ、各社の働く環境づくりや今後の対策に関するお話をいただきました。特に、中医学の立場から漢方の有効性について、興味深く聞かせていただきました。
例会には28名の会員とZoomからも31名が参加しました。
この後、講師を囲む会が居酒屋さんで開催されましたが、健康についての勉強をさせていただいたばかりなのに、久しぶりの例会後の懇親会ということもあって盛り上がり、みんなよく食べ・よく飲みました…私も含めてこんなことで良いのでしょうか
IMG_3975.jpg

オンラインでつなぐ…

昨日、お昼を挟んで中小企業家同友会苫小牧支部3役会、勇払マリーナでの第3回砂浜利用促進会議、中小企業家同友会苫小牧支部組織・企画委員会の会議に参加しました。

同友会3役会では、新型コロナ感染防止を行いながら本格的な活動に戻していくための協議を行いました。本日、今年度初めての月例会が、オンラインのZoomを併用しながら開催されることになっています。
砂浜利用協議会では、当初7月に予定していたマリーナ内の釣り堀事業のプレオープンがコロナの影響で遅れたり、会務を担う中心人物が急きょ入院するなどのアクシデントが重なり、今後の先行きに暗雲が漂い始めてきました。毎月開くとしていた協議会も次回開催はお盆明けということになってしまいました。ここはしっかり、課題抽出してリスタートする必要があると感じています。
同友会の組織・企画委員会では、毎年恒例となっていた8月の納涼ビール例会の開催をコロナの影響で中止して、今年は「Zoomでつなぐ 同友会の絆」として、小グループの懇親会をオンラインをつないでの開催を予定しています。
昨夜は3か所に分かれてリーサルを行いましたが数多くの課題が見つかり、こちらも少々雲行きが危うくなってきました 何とか、体裁を整えなければならないと思っています。

議会費の削減

昨日、伺った先で「よその議会ではコロナの影響で議員の給料を減らしているところがあるが、苫小牧はどうなっていますか?」というお問い合わせをいただき、直近の苫小牧市と議会の動きをお伝えさせていただきました。

先の定例会で、コロナの影響で困窮している市民に寄り添うとして、市の特別職の7月分の給料を市長20%、2人の副市長10%、教育長と常勤監査委員がそれぞれ8%の減額をする内容の条例改正が行われました。
これとは別に、市議会としても少しでもコロナ対策の財源を確保するという観点から代表者会議で議論を重ね、今年度分の政務活動費の1/2と議会運営委員会と4つの常任委員会の視察調査を取りやめて約1,000万円の予算を減額することに取り組みました。
そして、様々な意見はありましたが、7月分の歳費も8%減額する条例改正にも取り組んでいます。
今後のコロナによる地域経済への打撃を見定めながら、12月の期末手当の削減についての対応も検討しなければなせないと考えています。

議案質疑の録画中継

苫小牧市議会議会ホームページに第7回定例議会の録画中継がアップされました。
ブログ「日暮つづり」でもご報告させていただいておりますが、QRコードにして貼り付けますので、是非お時間のある時にお目通しいただき、ご意見も賜れば幸甚です。

補正予算審議1日目の総務費の中で、「指定管理施設休業補償金」と「市内路線バス支援事業」について質疑を交わさせていただきました。4:13からご覧いただけます。
f22dabbd3fdbe856d0d6cc3aa87cb23d68cb61b4.png

補正予算審議2日目の商工費の中でアフターコロナの地域のものづくり産業の取組として関心を持っている「地域新成長産業創出促進事業の採択」に関する議案に質疑させていただきました。1:45からご覧いただけます。
aabc688fc4ed53170193a823c0c556d78b83df98.png

中小事業者持続化支援金

昨日、議会だよりの原稿づくりや書類整理、そして午後からは今回の議会で可決された市の「中小事業者持続化支援金」の申請書を入手できたので、知り合いの飲食店や事業者さんにお伝えさせていただく作業をしました。
「中小事業者持続化支援金」とは、新型コロナの大きな影響を受けながらも、運転資金の工面や雇用の維持に取り組む市内の事業者さんに10万円を支給するという制度です。
本制度の議員審議の際には、私たちの会派の首藤議員をはじめ複数の議員から、支給条件や事業効果についての質疑が交わされています。
しかし、不十分な面もありつつも、事業効果を少しでも上げるためにより多くの事業者さんに役立てていたきたいと思っています。
詳しくは下記の苫小牧市ホームページにアクセスしてください。
分かりづらいところがあれば、ご一報ください。 市役所担当課もしくは私の携帯でも結構です 090-3110-4600
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kanko/kosho/zizokushien.html

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ